業者選びから内覧、引っ越しまで全てサポート!

物件を探すためにまず何をすべきか?

恐らく現代の大多数の方が利用しているインターネット。
賃貸物件探しもこちらを利用することが多いです。
専用のアプリも多く出ていますので、スマートフォンでも気軽に検索できます。

そして賃料や地域、条件などが整えば不動産会社に問い合わせをし、空いていればまず内覧という下見が発生します。
これがご自身の賃貸物件探しの一番のポイントになります。
中を見て気に入るか否かだけではなく、周りの環境や不動産会社の担当者の対応をチェックできるのはここしかありません。
また可能な限り2回以上は内覧をすることをおすすめしています。
何度内覧しても特に不動産会社からは何も言われませんが、何かにつけて断られるようであればよくない会社の可能性があるので気を付けてください。
勿論何度か内覧した後に物件を変更しても何か言われるということはありません。
内覧は慎重に何度もしましょう。

内覧の効果を高めるタイミングとは?

内覧は最低2回ほど、というお話でしたが、なぜ2回以上必要なのか?
詳しくお話していきます。
私どもでは昼間・夜間、そして可能であれば休日の内覧をおすすめしております。
理由として、昼間は人通りが多く、閑静な中にも恐怖心を抱かないが、夜間は人通りが少なく、街頭も少ないので一人で帰宅するのに恐怖心を覚える、等…時間帯や曜日によって環境が異なる場合が非常に多いためです。

また普段からスマートフォンやインターネット回線をよく利用される方は電波状況やその賃貸物件で契約できるサービスも事前に確認しておきましょう。
折角引っ越したのに使えない、ということだと困りますので、事前にこちらは押さえておきましょう。

いずれにしても、たった一度の下見で気に入ったからといって、すぐに契約しないことがポイントです。
やはり数度の内覧が必要になってきますね。


このコラムをシェアする