気を付けて!安心の不動産会社選び

これだけは押さえておきたい内覧のポイント

内覧について詳しくお話していきたいと思います。
まず誰しも内覧の際に気になるのは「据え置き家電」だと思います。
エアコンがついてないと買わなければいけないし…という方もいらっしゃると思いますがここが注意点です。
「据え置き型」と「残存物」として家電が残されている場合があります。
据え置き型であれば修理・交換は管理会社持ちなのですが、残存物の場合、自己負担で修理・交換をしなければいけません。
そのため内覧の際には必ず動作確認をすることをお勧めします。

また足りていない家電をチェックすることも必要です。
昼間は明るく気づかない場合もありますが、部屋に照明だけがない…ということもあります。
必ず備え付けの家電はチェックするようにしましょう。

また壁の薄さや隣人の方との住まいの距離感もチェックするようにしましょう。

内覧でなにをすればいいのか

一概に内覧といっても賃貸物件へ初めて引っ越す方にとっては未知の領域かと思います。
不動産会社に案内され、該当の物件へ向かいます。
その後優良な不動産会社であればその物件のメリット・デメリットを教えてくれます。
悪質な不動産会社の場合、ここにしましょう!とだけでメリットもデメリットも教えてくれないことが多いので、そういった不動産会社の場合は悪質だと判断していいと思います。

まず周りの環境を確認し、自分がこれは外せない!というポイントに合致するかどうかを見極めていきます。
例えば…
・日当たりがいいか
・洗濯機を室内に置けるか
等ですね。
事前に自分の外せないポイントをメモしておくのが一番いいです。
不動産会社に流されないためにもこれはお勧めの方法です。


このコラムをシェアする